アメリカ有給インターンシッププログラム。ニューヨーク、ロサンゼルスなどでの本格的な就業経験!!

有給インターンシップ

インターンシップとは?

インターンシップ イン アメリカ

インターンシップとは、企業の従業員として働くことで就労経験をするもので主に「勉強・体験」を主目的とする無給インターンシップと、「就労」を 主目的とする有給インターンシップの2種類があります。

 留学で行われるインターンシップは、無給のインターンシップで一定期間語学学校などに通い語学力を向上させた上で、短い場合は1ヶ月、長くても3ヶ月程度の就労経験を体験的に行います。学校での勉強の後、現地企業での就労経験を積むことができるので、ビジネス現場での英語に触れることができ、語学留学とは違う様々な経験を積むことができるため人気です。但し、短期間で経験的に行うインターンシップのため企業内での役割や仕事内容に物足りなさを感じることも少なくなく、表面上の浅い経験しかすることができなかったり、スキル不足から、雑用ばかりしかできなかったりします。

 逆に有給インターンシップは、「経験を積む」というより「就労」目的の側面が強く、採用する企業も「従業員」を採用する
気持ちで採用を行います。よってより深くその企業で仕事をすることができ、それによって得られる経験も非常に大きなものとなります。有給インターンシップは、体験で行うボランティアではなく、きちんとした仕事ですので、あなたのキャリアの一つとして、しっかり履歴書にも記載することができます。給料をもらいながら働くため、相応の責任が生じますが、より高度な英語力、より高度なビジネススキルを求める方には、最高のプログラムです。


有給インターンシップとは?

有給インターンシップとは、文字通り「給料」を貰いながら企業研修を行うインターンシップのことで、一従業員として海外の企業で就労を行います。 勉強や体験というより、就労の側面が強く、一般的には1年以上の長期間にわたり就労するので、より深くその企業に根ざすことになり、より深い就労経験を積むことが出来ます。給料は就労先の企業により異なりますが、家賃や生活費などの補助に充てることができるため、安価に海外での長期滞在を行うことができるという特徴があります。

有給インターンシップの特徴


アメリカ・有給インターンシッププログラムの特徴


参加資格 (インターンシップの条件)

有給インターンシッププログラムは、アメリカ国務省認定のプログラムで、就労目的のプログラムのため誰でも参加できるというものではありません。学歴、職歴、英語力、年齢が国務省の規定にありますので、まずは参加資格をご覧の上、応募可能かチェックをしましょう!


 以上が一般的な有給インターンシップの参加資格ですが、プログラムや派遣先により、相談可能な部分もございます。参加資格についてはお気軽にご相談下さい。学歴や職歴、英語力が基準を満たしていない場合は、無給インターンシップもご検討下さい。

 ※1 35歳以上の年齢についての補足
 43歳(男性)、45歳(女性)の2名がJ1ビザの発給を受けました!!
 当社ではこれまで最高45歳の方がJ1ビザの発給を受けており、40歳程度の方でも年齢が問題となり不許可となる
 ケースはございません。 ただ、プログラムの性質上、ご年齢が高くなるとその分リスクが高まるという考え方は
 基本的には残りますのでご年齢が38歳以上の方はこの点ご注意の上 プランをご検討下さい。

 ※2 学歴についての補足
 アメリカの学歴はカウントされません。
 アメリカでのインターンシップは、残念ながらアメリカでの学歴がカウントされないという規定があります。例えば日本の
 高校を卒業後、アメリカの4年制大学に進学し、卒業をしたとしても、アメリカの学歴はカウントされないため、「高校卒
 扱い」となります。 つまり、日本で5年以上の職歴がないと規定を満たさないことになります。

 新卒者は12ヶ月限定で参加できる場合有り
 大学を卒業後、1年間の職歴がない状態で参加できる12ヶ月限定の新卒者インターンシップもございます。
 但し、職歴がないため選択できる企業候補が非常に少なくなります。
 アルバイト経験などを考慮の上、審査することになりますので、ご希望の方はまずはご相談下さい。

 ※4 英語力についての補足
 英語力がなくても採用の可能性は十分あります!!
 英語力がなくてもインターンシップ先企業に採用となる可能性は十分あります!! 但し、インターンシップに
 参加するには、DS発行団体やアメリカ大使館・領事館でのインタビューをクリアすする必要がございます。
 当センターではインタビューに向けた英語レッスンを回数無制限で実施しており、2006年以降100%の合格実績が
 ございますが、あまりに英語力が 未熟な方のお申込はお断りする場合がございます。
 英語レベルは当センターの2次審査にてチェックさせて頂いております。

 ※インターンシップやオペアに際して英語力に自信のない方は、事前の準備研修を計画しましょう!


派遣先の都市について

インターンシップは企業での研修のため、主に大都市への派遣が一般的です。西海岸では、ロサンゼルスやサンフランシスコ、東海岸ではニューヨーク、そしてハワイのホノルルなどが一般的となります。ただ、選択肢は多少少なくなりますが、地方都市への派遣も可能です。シカゴ、ワシントンDC、ボストン、フロリダ州オーランド、マイアミ、サンディエゴ、ポートランド、シアトルなど実績都市は、全米に渡ります。都市のご希望がございましたら、ヒアリングにてご指示下さい。


        アメリカ インターンシップ

ロサンゼルス インターンシップ
西海岸最大の都市で、インターン先としての人気も高いです。様々な業種の企業をご紹介可能で、温暖な気候のもとで働くことが出来ます。ただ、ロサンゼルス特有の交通の便の悪さから、車の所有がほぼ必須となります。車の運転の出来ない方は、避けた方が無難でしょう。ただ、車を運転できるのであれば、ニューヨークやサンフランシスコよりも条件のいい企業でインターンシップができる可能性が高いため、候補としてはぜひ入れておきたい。ちなみに車の運転は、道路も広いので初心者でもそれほど苦労なくできる。現地で免許の取得が必要だが、日本語で試験を受けることができる。

ニューヨーク インターンシップ
アメリカ最大の都市だけでなく、世界でも最大規模の都市の一つです。あらゆる業種が狭い地域に混在しており、都会派の方にお勧めの都市でしょう。交通の便もいいので車の運転は必要ありませんが、物価が少し高いのがマイナス面です。またニューヨークはインターンシップ先としての一番人気の都市であるため、競争率も激しいです。他の都市と同じようなポジションでも他候補者との競争に勝つ必要があるため、採用を勝ち取るまで少し時間がかかるケースもある。IT関連の企業は非常に豊富。

サンフランシスコ インターンシップ
カリフォルニア州の北部にあるサンフランシスコは、ニューヨークとロサンゼルスのいい点を兼ね備えたような都市です。まず気候は1年を通じて温暖で、冬でもそれほど気温が下がることはありません。夏は涼しくエアコンが必要ないほどです。交通ウはニューヨークのように非常に整っており、郊外でインターンシップをしない限り、車を所有する必要はないでしょう。但し、インターンシップ先の企業数は、ロサンゼルスやニューヨークのように多いわけではなく、特殊な業種を希望される場合は派遣が難しい場合もあります。サンフランシスコを希望する際は、業種の選択に注意する必要があるでしょう。

ホノルル インターンシップ
ハワイは、主に観光や販売などのサービス業が一般的です。ほとんどの業種が日本人を対象にしたビジネスであるため、英語力不問という派遣先もたくさんございます。もちろん、英語をしっかり使う業種もありますが、英語の苦手な方は、ハワイがお勧めです。ハワイ特有の業種として、ウェディング業があります。ウェディング関連に興味のある方は、ハワイを選択しよう。ハワイは、車の運転が必須ではありませんが、車がない場合、都心近くに住まないといけないケースがあり、家賃や生活費が少々高めにかかるかも・・・。

インターンシップ先の企業について

インターン先は、アメリカ全土に約2000社以上の企業があり、日系企業、米系企業など様々です。業種もかなり多岐に渡っており、旅行、ホテル、貿易、航空会社、会計、飲食、スーパーなどの他、様々な業種があります。業種、職種の希望も考慮の上、派遣先が決定されるので、これまで働いてきた分野の経験を生かしたり、さらにキャリアアップを目指したりすることが出来るでしょう。 気になる給料は、残念ながら正社員のように多いわけではないですが、平均1ヶ月1000ドル〜1500ドル程度が相場。英語と企業現場を勉強しながら、給料がもらえるので、長期滞在でも費用を大きく抑えて生活を送ることが出来ます。

[主な業種]
ホテル、IT、不動産、旅行、航空会社、アパレル、法律事務所、コンピュータ関連、テレビ局、貿易、メーカー、出版、WEBなど

[主な職種]
事務、営業、販売、接客、専門技術職など

[労働条件]
平均的な労働条件は、月曜日〜金曜日の週5日間、1日7〜8時間労働。
給料は、1ヵ月1000ドル〜1500ドル程度が目安。


[インターン先企業一例]
旅行・ホテル系
貿易系
事務・販売系
営業・マーケティング系
IT・PCスキル系
会計・経理系
マスメディア系
その他 (ウェディング、デザイナー、ファイナンス、美容、サーフィンなど)

[新着情報]



モデルケース1 Aさん 34歳(男性)
英語力、職歴共に十分にあり
関連職種にてインターンシップ
モデルケース2 Bさん 26歳(女性)
学歴・職歴・英語力共に
平均的な特徴のBさん
学歴: 4年制大学卒業(日本)
     2年制カレッジ卒業(アメリカ)
職歴: ウェブデザイナーとして7年間の職歴
英語力: TOEIC860点、会話能力も有り
希望: ニューヨークでウェブデザイナーとして働く
     将来的には就労ビザでの労働を希望
結果: ニューヨークのデザイン会社で採用決定
     (2社目の面接)  
     給料2000ドル
     インターンシップ後のビザスポンサーの確約
     就労後の年収3万ドル以上
     (実績に応じて5万ドルまでUP)
学歴: 2年制大学文学部英文科卒業(日本)
     短期留学の経験が1回有り
職歴: 正社員として一般事務を2年間
     派遣社員として一般事務を2年間
英語力: TOEIC680点、簡単な日常会話ができるレベル
希望: 貿易やメーカーなど一般企業での事務職
     都市はなるべく運転が必要ない都市
結果: ニューヨークの貿易会社にて貿易事務として採用
     (3社目の面接)  
     給料1300ドル(最初の2ヶ月は研修で1000ドル)
モデルケース3 Cさん 24歳(男性)
英語力、職歴共に十分ではないが
やる気でカバーのCさん
モデルケース4 Dさん 29歳(女性)
業種は全く違うが経験を生かして
異業種でチャレンジのDさん
学歴: 4年制大学卒業(日本)
     留学経験はなし
職歴: アルバイトとしてアパレルの販売を1年半
英語力: TOEIC550点、会話力は初級
希望: ロサンゼルスで働くこと
     業種・職種は特に問わない
結果: ロサンゼルスの大手食品チェーンで仕入・在庫管理
     カスタマーサービスで採用 (1社目の面接)  
     給料時給8ドル(月給平均1350ドル)
学歴: 2年制専門学校グラフィックデザイン科卒業(日本)
     留学経験2年
職歴: 正社員としてホテルにて2年間
英語力: TOEIC810点、会話能力も有り
希望: 留学していたハワイにて旅行業に転職
     将来的には就労ビザのスポンサーも希望するが
     強い希望ではない
結果: ハワイの旅行会社にて採用(1社目の面接)  
     給料1500ドル
※モデルケースは、いずれも実際にインターンシップをされた方の事例です。
※モデルケースは、実際にあった事例ですが、100%同様の企業をご紹介できることを保証するものではありません。



帰国後の就職支援

インターンシップ終了後は、日本にて再就職の支援を無料にて行っております。インターンシップ中からメールによるキャリアカウンセリングなどを実施致します。

○人材派遣
人材派遣は雇用契約を結んだ派遣スタッフが、派遣先企業で働く形態を指します。仕事の指示は派遣先の企業が出しますが、給与や保険、福利厚生などの各種サービスは当社パートナー企業が提供します。

○紹介予定派遣
派遣先企業の社員(正社員・契約社員)になることを前提として働く派遣契約です。派遣契約終了前に当社パートナー企業の担当者が間に立って、登録者と企業の希望を確認し、双方の合意が得られれば直接雇用へ切り替わり、社員としてスタートする就業形態です。

[人材派遣・紹介予定派遣登録企業例]
■大手外資系コンサルティング会社/経営コンサルタント
■外資系証券会社/エクゼクティブセクレタリー
■外資系メーカー/マーケティング・アシスタント
■国内大手自動車部品メーカー/海外営業
■大手商社/貿易実務・海外購買担当
■国内電子機器メーカー/翻訳・DTPスタッフ   他多数有り


プログラム料金とお申し込み方法

審査費用

プログラム費用

料金に含まれるもの

料金に含まれないもの

申し込み方法

有給インターンシップにご興味のある方は、まずはお気軽に仮登録を行って下さい。
仮登録の方法は以下の通りです。

(2)、(3)の場合は、インターンシップ仮登録をご希望の旨、お電話下さい。

審査の手順  インターンシップまでの詳しいステップはこちらをクリックして下さい。

[1次審査] (無料)

仮登録後、1次審査を行います。1次審査では、インターンシップ参加に必要なJ1ビザ申請の基準を満たされるか
どうかの判断を主に行います。1次審査は無料です。

[2次審査] (10,500円)

1次審査に合格しましたら2次審査のご案内をメールにてお送りさせて頂きます。2次審査では、履歴書をご提出頂き、
ご希望を詳しくヒアリング致します。英語レベルをインタビュー形式でチェックさせて頂きまして、ご希望のインターンシップを
当センターにてご紹介させて頂けるかどうかを具体的に審査致します。
2次審査の合格者には、インターンシップ審査の合格通知をご郵送にて発送し、ヒアリングでお伺いした内容での企業のご紹介を保証させて頂きます。2次審査に際しては10,500円の2次審査費用が必要となります。

  ●2次審査費用の取り扱いについて●

  →2次審査合格の場合

  合格にも関わらずキャンセルされる方は全額キャンセル料となります。

  →2次審査不合格の場合

  5250円は審査費として頂き、5250円はご返金致します。


[お申込手続] (プログラム費のお支払い)

2次審査に合格したらお申込手続を頂き、いよいよプレスメント開始となります。ヒアリングにてお伺いしたご希望の企業を選定し、詳細の企業情報(Host Information)をご案内してまいります。
Host Informationをご覧頂いた上で、面接を受けるかどうかを決めて頂くことができます。但し、ヒアリングでお伺いしたご希望と明らかにマッチしている場合は、先に面接設定をさせて頂く場合もございます。

万一、当社の判断ミスにより企業のご紹介が実現できないと判断された場合はプログラム費を全額ご返金しキャンセル頂く事ができます。

[企業インタビュー設定]

企業選定が出来ましたら、インタビューの設定を致します。インタビューは、電話、日本支社担当者との面接などの方法が一般的となります。インタビューに合格されましたら、晴れてインターンシップ先の決定となります。引き続きDS-2019の手続き、ビザ申請の手続き等に進みます。

 ●インタビュー不合格の場合の取扱●

インタビューに臨んで頂きましたが、不合格となってしまった場合、引き続き企業の選定を継続いたします。
当センターでは、インターンシップ先が決定するまで何社でも企業選定を継続致します。但し、明らかに参加者側に問題のあり面接に合格しない場合(言動が不適切など)は、その旨を通知し、企業の選定を中止する場合がございます。インタビューに合格し、内定が出たにも関わらず、参加者の個人的都合で辞退する場合、新たなプレスメントにはプレスメント費が発生する場合がございます。

 ※当社のインターンシップはプレスメント前に審査・派遣先診断を十分に行うため、ほとんどの場合、1社〜2社の
  インタビューにてプレスメント出来ております。希望職種にスムーズに合格するように準備は万全に整えてください。

[内定後後]

渡航の手続を期間に応じて行います。3ヶ月を超えてインターンシップをされる方は、DS-2019を申請・J-1ビザの申請を行います。(DSの取得・ビザ申請までには、最低2〜3ヶ月程度必要です。) 大使館のビザ申請に際しては、模擬面接を万全に行い準備致します。過去5年間(2011年10月現在)、当社のお客様でビザ申請に不合格だった方は4名。但し、2回目の申請で皆様合格しており取得率100%の実績を誇っております。

選考インタビューについて

アメリカでのインターンシップですが、日系企業も多数ございますので、英語又は日本語両方でインタビューされることがあります。質問内容は、日本の就職面接と特に大きく変わることはありませんので、日本語、英語のどちらでも伝えることができるように準備致しましょう。


↑page top